ボランティアスタッフ募集

私たちと一緒にわんぱくトライアスロンを作り遂げていきませんか?
「桜橋・わんぱくトライアスロン」は、ひとりの競技者が水泳(100m)、自転車(2.8km)、マラソン(2km)を連続して行うタイムトライアルです。この競技は小学生の体力を考慮して、本物のトライアスロン競技を1/20にし、身体全体の筋肉をバランスよく使うようになっています。しかも、コースは桜橋を中心に台東区、墨田区にまたがる隅田公園内で、誰もが安全に、楽しく競技できるようにコース設定をしており、“完走したすべての子どもたちがヒーローやヒロイン”と私たちは考えます。
私たちは「桜橋・わんぱくトライアスロン」を一緒に作り上げてくれるボランティアスタッフを募集しています。

申し込みページはこちら

新着情報

  • 2019年8月わんぱくトライアスロン開催
  • 2019年8月25日(日)にわんぱくトライアスロンを開催します
  • わんぱくトライアスロンの集合風景
  • 2019年度わんぱくトライアスロンボランティアスタッフ募集
  • 私たちと「桜橋・わんぱくトライアスロン」を一緒に作り上げてくれるボランティアスタッフを募集していま…
  • wantora02
  • 大会に関しまして
  • 天候等の気象条件により大会を中止することがあります。 あらかじめご了承ください。

新着情報の一覧

コース説明

わんぱくトライアスロンのコース説明

開催内容

開催日 2019年8月25日(日)
開催場所 桜橋及び台東リバーサイドスポーツセンターを中心とした隅田公園周辺
出場選手 500名(予定)
出場資格 原則、台東区および墨田区在学の小学生4・5・6年生(男女) 年齢=2006年4月2日から2009年4月1日までの生まれで、その学年に該当する小学生 6年生 2007年4月2日~2008年4月1日 ​5年生 2008年4月2日~2009年4月1日 ​4年生 2009年4月2日~2010年4月1日
競技方法 下記の内容で実施する。 (1) 特別なトレーニングを必要としないで完走できる距離のトライアスロン競技を行う。 4・5・6年生ともにスイム100m、バイク2.8km、ラン2km)を実施 (2)大会として、学年別・男女別上位各3名、計18名及び最優秀校の表彰を行う。 (3)後日、記録証を参加選手全員に発送する。
参加費 1,000円
申込方法 既定の申し込み用紙(払込取扱票)に必要事項を記入の上、郵便局で参加料を 払い込んで申し込み下さい。(申し込み用紙は各小学校・区役所・ リバーサイドスポーツセンターに用意しております。) ※2018年度の申し込みは現在準備中です。
大会事務局 桜橋・わんぱくトライアスロン実行委員会 info@wantora.jp
供与物 ユニフォーム(ゼッケン入り)、記録証、参加賞
その他 (1)大会出場選手は、保険会社と実行委員会の間に傷害保険契約を結ぶ。 なお、保険範囲は、大会当日限りとする。また、施設賠償保険にも加入する。 (2)実行委員会が供与するユニフォームを使用する。 (3)出場選手及び引率者の交通費や食事代等は、各自の負担とする。

わんぱくトライアスロンとは

[趣 旨]
1988年より、社団法人東京青年会議所(現:公益社団法人東京青年会議所)の発案により、台東区・墨田区行政や公益財団法人台東区芸術文化財団・台東区教育委員会の協力の下、「桜橋・わんぱくトライアスロン」を推進・実施してまいりました。
桜橋・わんぱくトライアスロン実行委員会が中心となり、青少年の健全育成と、心の通い合う町の創造を目的に本事業を2年ぶり開催させていただきます。
この事業は、子ども達の心身の鍛練と健康の増進を図る事を主たる目的とし、参加した子ども達に、苦しくてもやればできるという達成感、多くの人々が見守る中の緊張感、そして自然の素晴らしさを実感してもらうことで心身の成長の一助となるよう青少年の健全育成を担うものであります。また、この事業を運営する(関わっている)大人達を見てもらうことで、社会に奉仕する事について理解できるよう開催するものです。
本事業そのものが、地域に根づいた事業であり、地域の活性化に大きな役割を果たしています。

[開催の意義と成果]

  1. 「トライアスロン」を通じ、「自己への挑戦」をし、「努力する」ことや「思いやり」 等、社会生活に必要な感性を養う場を与えられる。
  2. 「桜橋・わんぱくトライアスロン」を開催する事で子ども達に<完走する>という目標と感動を与えることができる。
  3. コミュニティ(地域社会)の形成という重要な役割を果たすと同時に「心豊かな青少年の育成」を強力に推進することができる。
  4. 広く父兄並びに関係諸団体からも期待される「桜橋・わんぱくトライアスロン」は、地域社会に適合し、「地域市民の事業」として定着化の方向に向かっている。
  5. 今後「桜橋・わんぱくトライアスロン」を幅広く社会に発信し、社会開発運動・社会教育の一環の一つとしてアピールできる。

Q&A

  • 【運営他】ゴミはどうすればよろしいですか
  • 皆さんがお持ちになったゴミはお持ち帰りください。我々実行委員会やボランティアそして、選手、保護者の皆様の協力で大会が成り立っております。何卒ご理解の程宜しくお願いします。
  • 【運営他】競技が終わったら帰ってよろしいでしょうか
  • 表彰がありますので、閉会式まで参加してください。
  • 【運営他】表彰の内容を教えて下さい
  • 各学年かつ男女別に、1,2,3位を表彰します。また参加実績や記録に応じて、優勝校も表彰します。
  • 【運営他】自分の記録とかはどうやって知るのですか
  • まず個人の記録ですが、レース開始前に装着したリストバンドを元に記録を計測します。記録は後日、記録証を皆様に送付致します。
  • 【運営他】保護者の写真許可証が事前に手配できない場合はどうすればよろしいでしょうか
  • 当日、受付でおっしゃってください。こちらで用意をしております。

よくある質問の一覧

過去のわんぱくトライアスロン

過去のわんぱくトライアスロンの一覧

大会の運営について

共催桜橋・わんぱくトライアスロン実行委員会、公益財団法人台東区芸術文化財団、台東区教育委員会
後援台東区、墨田区、墨田区教育委員会
協力日本堤消防署、台東区体育協会、台東区水泳協会、台東区スポーツ推進委員協議会、 台東区立小学校PTA連合会、台東区ラジオ体操連盟、 台東区青少年委員協議会、日本ボーイスカウト東京連盟(さくら地区)、 ガールスカウト東京都連盟(Aブロック)、 台東区松葉小地区コミュニティ委員会、 台東区東泉小地区コミュニティ委員会、 トライアスロンチーム サンダーゲート、(株)インテグリティ スカラベ、 台東区トライアスロン協会、墨田区トライアスロン連合、 公益社団法人 東京青年会議所 台東区委員会